エクセルの使い方で評価される新入社員とは?

新入社員の方など、春から新たな場所でお仕事をはじめられる方が多いと思いますが、 職場で良い評価を得るには、周りに喜ばれるエクセルのスキルを身につけておくと良いですね。

 

 

これはエクセルに限らず、ビジネス文章には必ず目的があり、当たり前と思うかもしれませんが、実際には目的を意識せずに、ただの文章を作成だけになってしまう人が多いのです。
また、エクセルの場合はデーターを表やグラフにすれば、一応はそれらしい体裁の文章が出来るので注意が必要でしょう。

 

 

特に新入社員の場合なら仕事の多くは、上司から指示されるなど、義務としてやる仕事で提出しなければならないから作っているだけになり、そこには何の目的意識もないわけです。

 

 

指示されたからやるという、いかにもサラリーマン的発想になりがちです。
ですが、何故その文章が求められているのかを考え、相手が知りたいことがすぐに分かるようにしたり、目立たせ方などを考えるのがビジネスパーソンというものです。

 

 

例えば上司に、より良いデータの集計方法を尋ねられたり、反対に優れた在庫の管理方法などを提案したりできれば、新入社員でもすぐに優秀な人材と評価されます。
そして、これができるようになるには、ソフトの操作方法やエクセルの関数に関してよく使われる機能を一通り知っているというのが条件になります。

 

 

多くの会社の事務処理ではエクセルという表計算ソフトが使用されていますが、 実はよく使用される機能を一通り知っている人は少ないのです。
何故なら、入社後、実務を通して特定の操作を中心に覚えることから、気が付くと誰もが同じような操作方法しか把握していないということが多いからでしょう。

 

 

ですが、逆にそれ以外の使用頻度の高い機能を一通り知っているだけで パソコンが分かる「優秀な人」と周りに評価されます。
そして使用頻度の高い機能を身に着けるには、体系的に覚えるのがポイントです。

 

 

よく大がかりな書類などを作成しながら学習するタイプの教材がありますが、この方法だと、後から自分が知りたい機能がどこに説明されていたのかを確認するのに非常に時間がかかってしまうんですね。
そこで職場で重宝されるパソコンスキルを最短でマスターするには、 使用頻度の高い機能から体系的に覚えられる教材を使うのが大切です。

 

 

なお、動画パソコン教室!【楽ぱそDVD】では、マイクロソフト・オフィス製品のワード・エクセル・パワーポイント・アクセスで、利用頻度の高いエクセル関数や操作方法など、実務に直結するスキルを動画で楽にスムーズに覚えられるので、新入社員などの新しい職場で働く方には最適でしょう。

 

どうして今まで使わなかったのと絶句する!

 

動画パソコン教室【楽ぱそDVD】の詳細を見てみる

 

【楽ぱそDVDプレミアム】各バージョンの詳細を見てみる