エクセルで瞬時に列幅を調整する方法

エクセル(Excel)で事務作業などをしていて、セルにエラー表示されることはありませんか?
良く売り上げなどの集計などをしていて、セル内にシャープ(#)がたくさん表示される場合がありますね。

 

 

これは、売上げ結果などが大きな数値になり、セルの列幅が狭くて表示できないためのエラーなんです。
その為、列幅を広げてあげればセルのエラー表示が消え、数値が表示されます。

 

 

セルの列幅は、列の境界線をドラッグして調整は出来るのですが、もっと簡単に調整できる方法があります。
それは、列の境界線にマウスポインターを合わせてダブルクイックをすると瞬時にちょうどいい行幅に調整されます。

 

 

それでも数値が表示されないようなら、ホームタブの表示形式をクリックして文字列を選択して数値や通貨等に設定してみましょう。

 

 

また、セルに設定されている文字の大きさや色、背景色などを別のセルにも同じように設定したい場合、「書式のコピー」というボタンがあるのを知らずに、別のセルにもはじめから文字の色や大きさを設定しなおしている方がいらっしゃいますね。

 

 

これらの作業時間の差は一回で数10秒程度の違いかもしれませんが、これが1年や2年と積み重なっていくと、何時間も無駄な時間を費やしていることになります。
そのような無駄な時間を使うくらいなら、その分お仕事を早く切り上げたり、他の仕事に充てたいものです。

 

 

このように事務作業や管理、営業などでは日々、パソコンによる集計や売り上げ管理、名簿作成などの文書作成に関わりますが、ほんのちょっとしたテクニックを知っているかどうかで、作業時間の短縮に大きく違ってきますね。

 

 

意外と事務のベテランの方でも、基本のテクニックなどを知らないが為に、無駄なことをしている人も少なくないので、この機会に実務に直結する基本から応用操作まで動画で学べば、社内での評価もアップすることでしょう。

 

 

どうして今まで使わなかったのと絶句する!

実務に直結する基本から応用操作まで映像で分かりやすく解説!

 

動画パソコン教室【楽ぱそDVD】の詳細を見てみる

 

【楽ぱそDVDプレミアム】各バージョンの詳細を見てみる